債務整理の後に住宅ローンは組めますか

住宅を購入する際、多くの人は銀行などの金融機関の住宅ローンを利用して住宅の購入資金を借入れることになります。その場合、住宅ローンの申し込みを受け付けた金融機関側では、実際に融資を行えるかを判断するために審査を行い、住宅ローンの申込者に関する信用情報などをチェックすることになります。
特に住宅ローンのような高額、かつ返済期間が長期に及ぶローンの場合、その返済途中に融資を受けた人が返済不能な状況に陥ってしまうケースも多いことから、審査は厳しく行われるようになっています。

 

住宅ローンの審査に通ることができるかは、ローンの申し込みをした人の収入面や信用情報などがチェックされることになりますが、特に過去に債務整理をした人の場合、その履歴は個人信用情報機関に残っているため、債務整理をした過去のある人の場合、住宅ローンの審査に大きな影響があります。

 

ただし、債務整理をした履歴が個人信用情報機関に残されている期間は債務整理が完済してから5年ほどとなっており、その後は債務整理の履歴は消されることになっています。そのため、個人信用情報機関へ債務整理の履歴が残っている期間中に関しては、住宅ローンの審査に通らない可能性は非常に高くなります。

 

ただ、借金が多すぎたら当然、住宅を買ってローンを組む余裕がないわけで
中期的に見るなら、まずは借金問題を何とかする方が先だと思いますね。。