自己破産と個人再生の違いと比較

私は任意整理をしたことがありますが、その時に自己破産と個人再生のことについても調べました。

 

任意整理は、利息と遅延損害金をゼロにすることができます。過去に支払った利息は免除されませんが、延滞中の利息と、将来の利息は免除されます。正確に言うなら、免除されるというよりも、重大な契約違反によって契約は解除されて、金利をゼロにした新しい契約を結びなおすといったほうが正しいかもしれません。そのため、ブラックリストにのってしまい、信用は落ちます。

 

 

個人再生では、元本も大きく減らせるのが特徴です。しかし、私の借金は120万円くらいでしたので、個人再生をしても100万円までしか減らせず、弁護士費用も含めるとかえって損をしてしまいます。そのため、私は任意整理をすることになりました。借金の金額が500万円以上なら、5分の1以下まで減らせるので、大きなメリットがあるようです。

 

個人再生は、ある程度大きな借金を持っていて、資産を残したい人向けです。

 

自己破産をしたら資産はすべて没収されますが、個人再生なら資産を残せます。
私は、任意整理をして、減額した借金をおよそ3年で返済しました。

 

最後の3ヶ月くらいは、余裕があったので、残りを一括で返済してしまいました。
借金のない生活は、とても充実しているように思います。

住宅や車を手放さなくてよい

個人再生は自己破産と違って、住宅や車等を手放す必要がないのがその特徴です。裁判所に一定の再生計画を提出して裁判所に認めてもらえばオッケーとなります。なぜこの方法があるかと言うと、自己破産の場合は一定の財産を換金し債権をすべて帳消しするが、個人再生は土地や建物の不動産や車を手放したくない債務者のために認められた制度である。 自分の場合は思いで一杯のマイハウスを手放すのがいやであった点、また借金が自己破産によってゼロになっても結局家を手放すと家賃分の負担が増えるので弁護士と相談して個人再生の方法を選びました。自己破産と違って借金がすべて帳消し、と言う訳ではなく減額はされますが当然支払も続きます、いっそのこと自己破産でスッキリしようかとも思いましたが、家族のため住宅はのこしました。また3年以内で返済するという条件なので不安もありましたが、すべて家族の協力あってのことで家族には本当に感謝しています。 債務整理など本来はないのがよい訳ですが、もし万が一借金で困った時は誰かに相談することが大切です。私も家族には本当に申し訳ないと感じています。この家族の愛情にこたえるため早く残額を弁済し、この処分せず残った不動産で幸せをつかもうと思っています。